このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
「世界中どこにいても大丈夫」
ほぼ全ての診療科33科に対応。
日本人専門医による10,000以上の相談実績があります。
海外赴任者の医療費適正化、メンタルヘルスケアに。

Doctorfellowとは

世界中全てのタイムゾーンに対応、
世界トップクラスの33科において、
専門性や海外診療経験のある200人以上の日本人医師が医療相談に対応する、
「オンラインヘルスケア(医療相談)サービス」です。
相談件数は10,000以上。
海外在住の方向けに”医師が”高度専門的な内容まで幅広く高い品質で対応できる、

唯一のサービスです。
担当医の専門医資格(厚労省告示可能専門資格一覧順)

整形外科専門医、皮膚科専門医、眼科専門医、産婦人科専門医、耳鼻咽喉科専門医、泌尿器科専門医、形成外科専門医、総合内科専門医、外科専門医、糖尿病専門医、肝臓専門医、感染症専門医、救急科専門医、血液専門医、循環器専門医、呼吸器専門医、消化器病専門医、腎臓専門医、小児科専門医、内分泌代謝科専門医、消化器外科専門医、透析専門医、リハビリテーション科専門医、心臓血管外科専門医、呼吸器外科専門医、消化器内視鏡専門医、神経内科専門医、リウマチ専門医、乳腺専門医、臨床遺伝専門医、気管支鏡専門医、アレルギー専門医、気管食道科専門医、がん薬物療法専門医、周産期(新生児)専門医、小児神経専門医、心療内科専門医、精神科専門医
提携医療機関・提携医師所属機関
メディア掲載・登壇・採択実績
パソナ社、ベネフィット・ワン社、共催セミナー登壇
ベネフィットステーション会員向けセミナー登壇
経済産業省「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2020」セミファイナリスト
MedtechShowcase 登壇
デロイトトーマツ ベンチャーサポート社、野村證券社、幹事のMorningPitch登壇
日本経済新聞社「日経MJ」掲載
日経BP社「BeyondHealth」掲載
経済産業省中小企業庁「JAPANブランド育成支援等事業」採択
HARADA ACCELERATOR 2021採択
五反田バレーアクセラレーションプログラム2021採択
X-HUB TOKYO 深センコース採択
共同通信グループNNA掲載
MedtechShowcase 登壇

このような企業様に
ご利用頂いています

・海外駐在員を派遣している企業様

・損害保険会社様

・福利厚生会社様

活用事例

海外展開企業の人事総務部・健康管理部様
その他、利用検討中の法人団体様

海外駐在員に関する医療面の労務管理
こんなお悩みありませんか?

海外駐在員のケア不足感

国内の従業員は健康面のケアを出来ているが、海外駐在員はいきとどいておらず心配。

海外駐在員の医療費増

海外の医療費支払いが増加気味。海外保険料が高くなっている。

海外駐在員のメンタル不安

帰国できずに長く海外の駐在員がおりメンタル面など不安。

海外医療支援サービスの費用対効果

海外医療アシスタンスサービスを契約しているが費用の割に使われていない。

海外駐在員・同伴家族の傷病発症

とある駐在員が病気を発症し現地主治医から手術予定と言われているけど本当?家族が傷病を発症してしまって帰国希望となってしまった。今後どうしよう・・・

海外駐在員の人員不足

年々海外駐在員を希望する人が減ってしまっている。会社としてお願いしても受け入れてくれない。

海外駐在員の医療費増

海外の医療費支払いが増加気味。海外保険料が高くなっている。

現地での想定利用シーン

健診結果に不安で相談したい、
糖尿病や高血圧など
持病があり薬の相談がしたい
病気がなかなか治らない、
専門医の予約が取れない、
手術の是非を知りたい
女性男性特有の病気、
こどもの病気等で専門医に相談したい
メンタル不調や不眠など、
診断しにくい症状がある
病気がなかなか治らない、
専門医の予約が取れない、
手術の是非を知りたい

こんなお悩みを
Doctorfellowが解決します

  • ほぼ全診療科に対応
    メンタルヘルスも含め基本的に全ての診療科(美容分野除く)の医療相談に高度専門的なレベルの内容まで対応できます。
  • 現地医療機関受診や帰国後の紹介状も作成可
    病状により帰国して診療や手術を受ける際は、国内病院の紹介状を書くこともできます。
  • 現地病院にかかる前後の不安をトータルサポート
    病院にかかる前のオンライン医療相談、病院受診後のセカンドオピニオンに活用いただけます。
  • 医療費適正化や生産性向上に寄与
    適切な医療相談により、病院の受診行動や治療方針の選択を適正化。結果的に医療費適正化や生産性向上に寄与します。
  • 駐在員・同伴家族の医療不安を解消
    今後赴任予定の駐在員にとっても安心材料になります。
  • etc
  • etc

オンラインヘルスケアサービス概要

  • 専門医とのWeb面談(30分/回:総合診療科、精神科、産婦人科、皮膚科など全診療科対応、必要に応じ検査データ等を踏まえ対応)
  • 紹介状や診断書の作成(現地病院等の受診や医薬品入手、企業等への提出に有用な文書作成)
  • 臨床心理士によるカウンセリング(ご希望により要相談)
  • 看護師等による電話相談(ご希望により要相談)
  • 紹介状や診断書の作成(現地病院等の受診や医薬品入手、企業等への提出に有用な文書作成)

ご質問・ご相談等お気軽にお問合せ下さい。

余白(40px)

ご利用の流れ

Step
1
お打ち合わせ
貴社のご状況ヒアリング、弊社のサービス説明をさせて頂き、貴社にメリットがあるかどうかをすり合わせさせて頂きます。
無理な営業行為は一切致しませんので、ご安心ください。
Step
お見積もりご提案・契約
お打ち合わせで頂いた情報を元に、最適な活用案をご提案させて頂きます。
Step
予約申込Webのアカウント発行
契約後、貴社の従業員専用予約申込Webサイトのアカウントを発行いたします。
ここから直接、駐在員・同伴家族様にオンライン医療相談のご予約をしていただけます。
また、必要に応じて、駐在員様向けの説明会の開催も可能ですので、ご希望がありましたらお申し付けください。
Step
お見積もりご提案・契約
お打ち合わせで頂いた情報を元に、最適な活用案をご提案させて頂きます。
臨床経験10年以上の医師である代表を中心とした弊社スタッフより、
お問合せに対応させて頂きます。
まずはお気軽にご相談ください。

よくある質問

  • Q
    今、海外駐在員で病気を発症し本社として対応を検討、思案している従業員がいるのですが、このようなケースに利活用可能なものでしょうか?
    A
    委細詳しい状況をお伺いした上で、利活用価値があるのか否かフラットにご回答させて頂きます。まずはお気軽にご相談下さい。
  • Q
    企業として契約する場合の料金体系や契約期間はどのようになっているのでしょうか?
    A
    現時点では、弊社の方で固定している料金表等はなく、個社様ごとに体制(海外駐在数名~数百名など)や想定利用頻度、ご予算等を鑑みまして柔軟に相談させて頂いております。なお、契約期間については、基本的には6か月単位とさせて頂いております。一度、お気軽にお問合せ下さい。
  • Q
    駐在員と同伴家族を対象に想定しているようだが、今回は駐在員本人向けのみとして契約したいのですが可能でしょうか?
    A
    基本的には駐在員と同伴家族の方の安全安心も含めることで結果的に駐在員様ご本人の生産性向上に寄与できるものと考えていますが、まずはお気軽にご相談下さい。
  • Q
    駐在員・同伴家族向けの医療相談サービスとしてではなく、医療機関の一部業務のアウトソースなどここに書かれている利活用以外も可能でしょうか?
    A
    内容によりますが、可能です。ご依頼されたいことと、弊社の強みリソース、運営方針鑑みまして柔軟に相談させて頂きますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。
  • Q
    一度、問合せをすると営業がしつこくかかってくるのでは・・・
    A
    執拗な営業は行っておりません。

運営企業(株式会社Medifellow)について

社名
株式会社Medifellow


設立
2019年1月11日
資本金
4,000,000円
役員
CEO医師 丹羽崇
COO   池田宇大
CMO医師 田畑恵里奈
本社
〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-2 吉川ビル2階
本社
〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-2 吉川ビル2階

資料請求
お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。